多汗症に
ファッションの自由を。

汗をかくから、身につけるものには細心の注意をはらう。
吸水性は?速乾性は?防菌防臭は?
私たちは、服装の選択肢が限られています。
なぜなら、機能を重視せざるを得ないから。
多汗症でもおしゃれを楽しみたい。
atheはあなたにファッションの自由をお届けします。

PRODUCT

汗足-アセソク-

履き心地だけじゃない。
誰もが安心して履ける靴下

POINT1:足元サラサラがずっと続く

「乾度良好」は、コットンと比べると脱水しやすく、コットンの約3分の1の時間で早く乾きます。このため、びしょびしょしないのが特徴。ヒヤッとせず快適です。

POINT2:銀イオン効果でいつでも清潔

乾度良好繊維には、Ag+(銀イオン)が練り込まれています。銀イオンはイヤなニオイの元となる菌の増殖を抑える抗菌作用があります。この抗菌機能は繰り返し洗濯しても持続します。

POINT3:すぐに乾くからお手入れ簡単

繊維1本1本に無数の細かな穴を設けた「特殊構造繊維」を使用。
この穴が濡れた足もとから水分を素早くたっぷり吸い取って直ちに拡散するためいつもサラッと快適。発汗後の足もともカラッとドライです。

ABOUT

athe

多汗症患者による多汗症患者のためのライフスタイルブランド。
多汗症は恥ずかしい病だ、そう思い、病を隠してひっそり生きている患者さんがとても多いことにある時気が付いたのです。
どうして隠さないといけなの?
どうして好きなこと・モノを諦めなきゃいけないの?

世の中に私たちのためのプロダクトがないならば、作ってしまおう。
多汗症でも自由にファッションを選択することができて、今より少しでも生活を楽しめるように。
atheは、吸水性や速乾性、抗菌防臭機能に優れた
私たちのための衣類・ライフスタイルブランドを目指しています。

「多汗症」とは

多汗症とは、体温の調節に必要な通常の範囲を超えて、発汗が異常に増加することを指す症状である。手、足、腋の下、顔などに、日常生活に支障を来たす程の発汗過剰を認める疾患である。
引用元:公益財団法人 難病医学研究財団/難病情報センター 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野)

MISSION

“多汗症患者さんが、
今より少しでも人生を楽しむためのお手伝い”

「多汗症」というサイレントハンディキャップ。根本治療は存在しません。
患者は疾患を隠し、周囲が気付かないほど、とても些細なことに気を遣って日常生活を送っています。患者が疾患と共存していく方法の1つとして、「ファッション」というアプローチを提案します。

“誰もやっていないなら、
多汗症特有の悩みが分かる
私自身が
解決すればいいんじゃないか”

私は物心ついた頃から、「治療」を目的とするのではなく、疾患と「共存」する方法を模索してきました。そこで辿り着いた答えが「ファッション」だったのです。私たちは一般の方が想像する以上に、身に付ける物に気を配って生活しています。

「着たいものを選ぶ」のではなく、「着られるものを選ぶ」という不自由さを感じていたことがキッカケで、自身が幼い頃からずっと好きだったファッションという領域での研究を進めてきました。プラスワンアイテムで、患者さんの生活が今より少しでも明るく豊かになるようなプロダクトの開発をこれからも続けていきます。多汗症にファッションの自由を。

athe producer

守矢奈央

東京都出身。レベル3の掌蹠多汗症患者。

自身が幼い頃から悩んでいた「難治性重症原発性掌蹠多汗症」と呼ばれるQOL疾患に向き合い、同じ疾患に悩む方のためのファッションプロダクトを企画・開発中。
Healthcare×Fashion×Technologyの3軸で『Medical Fashion』の分野を研究。
「athe」と冠した多汗症患者さん向けのライフスタイルブランドを立ち上げ、昨年素材開発のためのクラウドファンディングを実施。多汗症患者コミュニティーを運営し、定期的にミートアップを開催している。